365日の親孝行

おとうさん、おかあさんにあと何回会えるだろう?

第3回「親孝行大賞」受賞作品発表!

第3回「親孝行大賞」
募集期間:2021年6月1日から10月31日
受賞者の発表:2022年3月1日

第3回「親孝行大賞」受賞作品発表!
受賞作品発表:2022年3月1日

『義父』|親孝行大賞

【ペンネーム(掲載時のお名前)】ゲーマーさん 【性別】男性 【年齢】30代 【住所】愛知県豊川市 【「親孝行大賞」のタイトル】 義父 【「親孝行大賞」の本文】 妻の父、つまり私の義父は昔気質の大工で、結婚の挨拶の時は心臓が飛び出ていたと思う。強面で無口で正直苦手だった。しかし、妻はお父さん大好き人間でよく遊びに行っている。 ある日、妻が「ひーばあちゃんのお墓参り一緒に行こ?」と言ってきた。 行く道 […]

『我が家の親孝行娘』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム(掲載時のお名前)】住 田 沙 織さん 【性別】女性 【年齢】30代 【住所】愛知県名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 我が家の親孝行娘 【「親孝行大賞」の本文】 我が家には重い障害のある娘がいる。生まれてすぐに、呼吸状態が悪くなり、大きい病院の新生児集中治療室に移された。 治療の甲斐もあり、少しずつ元気になってきたが、母乳がうまく飲みこめず、むせてしまっていた。先生からは「この子 […]

『息子が教えたこと』|親孝行大賞

【お名前】高瀬さん 【性別】女性 【年齢】60代 【住所】山口県宇部市 【「親孝行大賞」のタイトル】 息子が教えたこと 【「親孝行大賞」の本文】 息子が、小学二年生の時のことだ。国語のテストの点の悪さに驚き、一緒に見直しをした。何度も問いかける私の言葉に、嫌気がさした息子は、でたらめな答えを言い出した。 「真剣さが足りない」 と私は腹を立てて息子を怒鳴った。その剣幕に驚いた彼は、 「お母さん、僕が […]

『ラグのひざ掛け』|親孝行大賞 いいね!親孝行賞

【ペンネーム】apple56さん 【年齢】70代 【住所】愛知県小牧市 【「親孝行大賞」のタイトル】 ラグのひざ掛け 【「親孝行大賞」の本文】 今はもう亡き人になりましたが、趣味は共に本を読むことが好きな両親、したがって時間がある時は椅子に座るか畳に座るかが多い生活をしていました。 結婚後、育ててもらった恩返しもすることなく時間が過ぎていきました。何か喜んでもらえることがあればしたいと思いつつこれ […]

『毎日の積み重ね』|親孝行大賞 こころにビタミン賞

【ペンネーム】ヨーダさん 【性別】女性 【年齢】40代 【住所】滋賀県大津市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「毎日の積み重ね」 【「親孝行大賞」の本文】 「親孝行」と言ってしまうと大げさかもしれませんが、わたしは毎日一人暮らしの母に電話をかけます。 長い時は1時間ぐらい話をしますが、短い時は5分ぐらいの時もあります。それでも母の声音や話題で母の今日の気分や体調がわかります。 この毎日の何気ない日常 […]

『目の奥の記憶』|親孝行大賞 こころにビタミン賞

【ペンネーム】はるちゃんさん 【性別】女性 【年齢】40代 【住所】熊本県熊本市 【「親孝行大賞」のタイトル】 目の奥の記憶 【「親孝行大賞」の本文】 私の父は、若い頃からの持病の合併症の影響で、60歳を超えたころから視力の低下が始まり、 それと同時に、歩行も少しずつおぼつかなくなっていました。 「目が見えなくなる前に、歩けるうちに、きれいなものが見たいな・・・」 と口癖のように話す父にある日、 […]

『無言は肯定』|親孝行大賞受賞作品 ハッピー賞

【ペンネーム】めんさん 【性別】女性 【年齢】30代 【住所】宮城県仙台市 【「親孝行大賞」のタイトル】 無言は肯定 【「親孝行大賞」の本文】 私は神社仏閣が好きです。影響は母からです。仕事が一段落し、旅行に行きたいと思い実家に住んでいる母を誘いました。 母だけ誘うのもなぁと思い 「お父さんも誘ってみて?」 「いいけど行かないと思うよ」 後日母から連絡がありました。 「お父さん行くって」 「行きた […]

『親孝行とは』|親孝行大賞受賞作品 ちょっといい話で賞

【ペンネーム】わんちゃんさん 【性別】女性 【年齢】20代 【住所】東京都調布市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親孝行とは」 【「親孝行大賞」の本文】 何が親孝行か私にはまだわからない。 私は今年の冬、成人した。同窓会では5年ぶりに沢山の友人に会い懐かしい話やお互いの近況について話した。地元の大学に進学した人や、高校を卒業してから働いた人、家を出て新しい地で進学した人などいろんな人がいた。 私は […]

第三回「親孝行大賞」受賞者発表!

親孝行大賞 京都府京都市 鈴 木 美 智 子様 (50代女性) 『天国の母への親孝行』 全盲の母は、42歳の時、第1回視覚障害者マラソン大会への出場を決め、唯一の家族である私は、必然的に伴走者となった。 3週間の練習の後、3キロの部に出場し、初の大会で母は優勝した。 以後、35年間、二人三脚での、練習と大会の日々が続く。 「継続は力なり」「出来る人と違って、出来なければ、人の何倍も何十倍も努力しな […]

『子どもの存在こそが親孝行』|親孝行大賞受賞作品 こころぽかぽか賞

【ペンネーム】青山ナツさん 【性別】女性 【年齢】60代 【住所】長崎県長崎市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「子どもの存在こそが親孝行」 【「親孝行大賞」の本文】 母は苦労して私を育ててくれたのに、病気になった時も介護できず、何も親孝行できないまま亡くなってしまいました。 それがずっと気になっていたのですが、弟が「姉貴は、孫を見せてやれたんだから、それでいいんじゃない」と言ってくれて、少し気が楽 […]

RANKING ランキングTOP10

>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG