CATEGORY

「親孝行」を読む

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『パパも一年生』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】こまじゅんさん 【性別】男性 【年齢】35 【住所】東京都清瀬市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「パパも一年生」 【「親孝行大賞」の本文】 昨年、脳梗塞を機に母が介護生活になりました。父はとっくに他界。兄弟もいないため、僕がその介護を担うことに。しかしそれは決して平坦な道ではありませんでした。 手足に麻痺があり、何事も思うようにいかない母はその苛立ちを僕にぶつけまし […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『明日、笑えますように』

【お名前】塚本さん 【性別】男性 【年齢】18 【住所】京都府長岡京市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「明日、笑えますように」 【「親孝行大賞」の本文】 深夜2時、遠く離れた実家にいる父にメッセージを送信する。高校3年生になると同時に始めた父とのやりとりは、半年を迎えた。もう寝ているだろうから返信は明日になる。どんな言葉が返ってくるのか、楽しみな思いを抱きながら目を瞑った。 小学4年生の頃、僕は毎 […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『雨上がり倶楽部』

【ペンネーム】雨上がりさん 【性別】女性 【年齢】70 【住所】福井県福井市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「雨上がり倶楽部」 【「親孝行大賞」の本文】 「雨上がり倶楽部」。部員2名。部長は私で、副部長は娘。現在ものんびり活動中。 5年前、私は主人を癌で亡くしました。69歳という早すぎる死でした。不思議なもので、悲しみという感情は時間が経つほどに止めどなく湧き上がるものです。何でもないときに涙がぽ […]

親孝行大賞受賞作品★元気になったで賞★『手紙』

【お名前】北澤さん 【性別】男性 【年齢】50 【住所】京都府 木津川市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「手紙」 【「親孝行大賞」の本文】 もうすぐ、80歳を迎える父母に、どうしても聞いておきたいことがあった。それは、父母の生い立ちである。自分のルーツを辿ることにもなるので、父母が元気なうちにと考えていた。同時に、まだ一度も口にしたことがない「感謝」の気持ちを伝えたいという思いもあった。 そんな気 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『白血病の、わたし』

【ペンネーム】マカロンさん 【性別】女性 【年齢】28 【住所】愛知県 豊田市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「白血病の、わたし」 【「親孝行大賞」の本文】 私は義理の母親と祖母しか家族がいません。変わった家庭環境だけど、それでも幸せです。 2017年私は急性骨髄性白血病になりました。そんな私は親孝行なんて二度と出来ない。親不孝者だ。と思っていて落ち込んでいました。 ある日祖母が、あなたが生きてく […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『家族の絆』

【ペンネーム】オウンゴール 【性別】男性 【年齢】66 【住所】大阪府大阪市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「家族の絆」 【「親孝行大賞」の本文】 お盆の季節と春秋の彼岸に、母は墓参りを欠かさなかった。前夜から線香、ロウソク、数珠を揃え、「引越し先の掃除に行く」と言い置き、翌朝早くに母は出かける。しかし、墓前では十五年前に癌で他界した夫に、「もう少し待っててな」と話しかけるそうだ。引越しするには、 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『だってママが泣いてたから』

【ペンネーム】ちびテトさん 【性別】女性 【年齢】33 【住所】宮崎県えびの市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「だってママが泣いてたから」 【「親孝行大賞」の本文】 今年5歳になる息子が3歳のときの話です。 ネットで胎内記憶の話を見聞きする機会が増えて、何気なく息子に聞いてみました。 「なんでママとパパのところにきてくれたの?」 はじめは答えようとせず、遊びに夢中になっていたので私も「やっぱり胎内 […]

ちょっといい話『みんなが家族のことを考えた一年』志賀内泰弘

コロナは、禍(わざわい)であることは間違いありません。でも、これほど、みんなが、家族のことを考えた一年は、今までなかったのではないでしょうか。 「不要不急の外出は慎んでください」 そう言われて、多くの人が戸惑ったことでしょう。故郷に帰省するのは、「不要不急に」にあたるのだろか?うちは、母親が病気がちで、週末だけでも介護したい。うちの父親は、認知症が始まっており、一人にしておくの心配だ。 でも、もし […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハートフル賞★ 『また来るねと握手とでいつもの一コマ』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】ぴょろこさん 【性別】女性 【年齢】61 【住所(受賞者には賞品を進呈させていただきます)】愛知県 名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「また来るねと握手とでいつもの一コマ」 【「親孝行大賞」の本文】 認知症になり3回目の秋を迎える母。それと同時に、私には帰省という言葉に「介護のため」が添えられるようになった。 両手で温かく迎えられてた立場から、両手に荷物持ち、 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ちょっといい話で賞★ 『兄弟の絆』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】はらちゃんさん 【性別】女性 【年齢】19 【住所】大分県大分市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「兄弟の絆」 【「親孝行大賞」の本文】 私には2人の兄がいる。私たち兄妹はそれぞれの進路を進み、今は3人とも一人暮らしをしている。連絡も頻繁に取り合う方ではないが、年に数回兄妹のメッセージグループが動く日がある。 それは母の日、父の日、父の誕生日、両親の結婚記念日、母の誕 […]

>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG