CATEGORY

親孝行大賞

親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『母の煮物』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】takomaroさん 【性別】女性 【年齢】40 【住所】奈良県 生駒市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母の煮物」 【「親孝行大賞」の本文】 母は昔から料理上手だ。どんなに忙しい時でも必ず食卓には母の手料理が並んでいた。そんな母も年老いて最近少し料理の味が変わってきた。味が極端に薄かったり濃かったりするのだ。 先日私が帰省すると、いつも通り母は私が大好きだった煮物 […]

親孝行大賞受賞作品★いい話で感動したで賞★『本当の親孝行を』

【お名前】森屋さん 【性別】女性 【年齢】61 【住所】埼玉県東松山市     *    *    *    *    * 『本当の親孝行を』 これは自慢だが、私は親孝行な娘だ。もう61歳だから「娘」というのも照れ臭いが、舅姑、実父母。四人の親に対して、尽くした。尽くしている。 舅と実父はすでに他界したが、それぞれが入院している時は、毎日のように病院へ行った。舅にいたっては、夜の付き添いから下の世 […]

親孝行大賞受賞作品★親にありがとう賞★『相づちは親孝行』

神奈川県平塚市 かなともこ様の作品 「 相づちは親孝行」 母に一年半ぶりに会いました。お母さん、この前より小さくなったみたい…。しかも、ほんの数時間前に話したことも、「えっ、それなに?」って聞くようになりました。まるで、初めて話を聞くかのように。それでも、何十年も前のことを思い出しては、昨日のことのように、はっきり、そしてイキイキと話します。 翌日になると、母は、また、いつもと同じ遠い昔の話を始め […]

親孝行大賞受賞作品★ホスピタリティ賞★『一番の親孝行』志賀内泰弘

宮崎県延岡市 濱 田 祐介様の作品 「 一番の親孝行」 「大学教授になって帰ってくるから」 そう言って、私は両親と離れ自分の希望通りの大学へと進学した。母は別れ際の車で泣いていたというが、そんなことはつゆ知らず、私は明日から始まる新生活に胸を躍らせていた。 しかし、新生活はそう甘いものではなかった。周りを見ると、到底かないそうにない友だちが居て進学早々に大学教授の夢を諦めざるをえなかった。自信を失 […]

「親孝行大賞」コンテスト受賞作品★スマイル賞★『今度は、私の番』

静岡県富士市 yukari様の作品 <タイトル> 「今度は、私の番」 朝、ベランダの物干し竿に暖簾代わりの黄色いバスタオルを干す。それが、本日『ムスメ居酒屋』開店の合図。 『ガタン、ゴトン。ガタン、ゴトン』 父を思う時、真っ先に浮かぶ音。酒販勤めの父は毎日、沢山の酒瓶を荷台に載せてトラックを運転し、各地の酒屋へ配達し続けた。街の大型酒店から、奥深い山道を走り抜けた僻地の雑貨店まで。ガタン、ゴトンと […]

「親孝行大賞」受賞作品★親にありがとう賞★『早い親孝行』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】れもさん 【性別】女性 【年齢】37 【住所】神奈川県 横浜市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「早い親孝行」 【「親孝行大賞」の本文】 親孝行って大人になってやるものって漠然と思っていました。例えば、我が子が親孝行してくれる時、自分は白髪のおばあさんになっているんだろうなって。でも、我が子の親孝行はもっと早くやってきました。 我が家の長男長女は双子。妊娠中も長く入院 […]

親孝行大賞★こころにビタミン賞★『 2歳の息子のプレゼント』

北海道砂川市 きぃた様の作品 2歳になってますます活発になった息子。平日は仕事の都合でなかなか構ってあげられないこともあり、たまの休みに妻の休息もかねて息子と二人で少し離れた公園へ遊びにいった。 お昼頃で、あまり人がいなかったこともあり広場を走り回ったり、遊具で遊んだり。大変だったのは小高い丘の頂上で突然、オムツをとりかえることになったこと。横にすることもできず、動き回る息子を押さえながら変えるの […]

親孝行大賞★ハートフル賞★『また来るねと握手とでいつもの一コマ』

愛知県名古屋市 ぴょろこ様の作品 認知症になり3回目の秋を迎える母。それと同時に、私には帰省という言葉に「介護のため」が添えられるようになった。 両手で温かく迎えられていた立場から、両手に荷物持ち、仕事終え足早に実家にたどり着く。それが習慣となった今、家族の協力のもとで何とか過ごせてこられてありがたい。 そしてもう一つ習慣化したのが、戻るときの握手!元気な頃はただ手を振りサヨナラだったが、もしかし […]

親孝行大賞<元気になったで賞>『手紙』京都府木津川市 北澤喜幹様の作品

もうすぐ、80歳を迎える父母に、どうしても聞いておきたいことがあった。それは、父母の生い立ちである。自分のルーツを辿ることにもなるので、父母が元気なうちにと考えていた。同時に、まだ一度も口にしたことがない「感謝」の気持ちを伝えたいという思いもあった。 そんな気持ちを察したかのように、タイミング良く母から連絡があった。「渡したいものがあるから実家に来て欲しい」と。収穫した野菜でもくれるのかと思いきや […]

「親孝行大賞」ハッピー賞 「 次女のジンクス」

千葉県千葉市 米屋の娘様の作品 ここは小さな商店。我が家のちょっとしたジンクスがある。なぜか代々次女が家業を継いでいるのである。ちなみに私は、三人兄弟の次女である。 でも両親は私達が小さい頃から誰も店は継がなくていいと言ってきた。特に母は、自分が子供の頃から親は忙しいし、自分の夢なんて関係なく継がなきゃいけないし、商人の家に生まれたのが嫌だったのだとか。だから私が商業高校に進学したいと言ったら猛反 […]

>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG