CATEGORY

ほっこり親孝行物語(志賀内)

ちょっといい話『一粒のキャラメル』志賀内泰弘

あの震災から、9年が経ちました。本日の朝日新聞デジタルに、こんな記事が掲載させていたました。 「あの日 キャラメルをくれたのは」 という見出しです。 避難所に現れた消防士さんが、ポケットから森永の黄色いパッケージのキャラメルを一粒、息子さんに渡し、 「お母さんを助けて、がんばりや」 と言い、息子の頭にそっとふれ、立ち去ったというのです。 シングルマザーのお母さんは、これからのことを考えると不安でた […]

ほっこり親孝行物語『第1回 ふと、思い立ったときに電話する』志賀内泰弘

女房とは、学生時代からの付き合いだ。そのため、わたしの「いいところ」も「わるいところ」も知り尽くしている。「いいところ」はさておき、「わるいところ」を指摘されると、不快になる。なぜなら、図星だからだ。いまだに、しょっちゅう言われること。 「なんで、連絡してくれないのよ!電話一本くらいできるでしょ」「・・・会議が長引いて」「電話できるの?できないの?夕飯の支度のことがあるんだから」「しようと思えば・ […]

>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG