たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『ありがとう』

静岡県磐田市立南部中学校
下谷さん

<心に響いた「たった一言」>
「ありがとう」

<「たった一言で」エピソード>
私の両親は共働きで、お母さんは帰ってまもなく、家事をやり始める。そんな毎日です。少しでもお母さんの役に立ちたいと思い、学校から帰った私は、洗たく物を中にとりこみました。

お母さんが帰ってきて、洗たく物がとりこんであるのを見て、私に言ってくれた一言が
「ありがとう」
でした。

ただ中にとりこんだだけで、たたんでもいないのに、お母さんは私に「ありがとう。」と言ってくれたのです。

それから、私がとりこむたびに、「ありがとう。」と言ってくれるお母さん。それを聴くのがうれしくて、もっと役に立ちたくて、できる家事をしています。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG