親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『パパとママの子になってくれてありがとう』

【ペンネーム】みっちゃんさん
【性別】女性
【年齢】29
【住所】福岡県 古賀市

【「親孝行大賞」のタイトル】
『パパとママの子になってくれてありがとう|

【「親孝行大賞」の本文】
私達夫婦は結婚してから子供を授かる事ができず、不妊治療をしていました。次がダメだったら終わりと旦那と話し合い最後のチャンス。奇跡的に妊娠をする事ができました。

しかし赤ちゃんの袋のすぐ近くに腫瘍のようなできものができて安定期に入るまでは危険な状態で不安な日々を過ごしていました。それも無事、消滅してその後の妊婦生活はワクワクドキドキ。生まれてくる赤ちゃんとの楽しい生活をイメージしながら過ごす事ができました。

無事に産まれて来てくれました。言葉にできないほどの嬉しさでした。他の子と同じように母乳を飲み手足をバタバタと動かし…。

ただ他の子と違うのは、よく泣く。睡眠時間が極端に短い。1日24時間のうちトータルでも1時間しか寝ない日もある我が子。検査、検査、検査。やっと診断された病名。びっくり病。音だけでなく気温差や周りの雰囲気や空気にさえビックリして飛び上がる我が子。

やっとやっと寝たと思った瞬間何かにびっくりして大泣き。見ていて胸が張り裂けそうでした。かわいそうでかわいそうで。でも生まれた時から今現在もですがリハビリ療育を頑張っています。

毎日たくさんの薬も飲んでいます。おかげでびっくり病は良くなりました。まだ睡眠障害や発達障害はありますが、息子は毎日毎日一生懸命に頑張っています。

そんな頑張り屋の息子が最近少しずつ通じる言葉を話せるようになりました。今はたくさんの言葉を吸収しています。

そんな息子がこの間私の目の前に来て

「まま、ありがとう」と一言。

涙が止まりませんでした。この言葉が何よりの親孝行です。他の子と比べると色々な発達が遅いですが自分のペースで頑張る息子を誇りに思います。この子が我が子で私は幸せです。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG