親孝行大賞受賞作品 ★こころにビタミン賞★ 『母のために「家」作ります』

【お名前】三枝さん
【性別】男性
【年齢】38
【住所】奈良県 生駒市

【「親孝行大賞」のタイトル】
『母のために「家」作ります』

【「親孝行大賞」の本文】
世界でたった一つだけの家を自分で作り、一人暮らしの母親へプレゼントする。

昨年の母の日の直前に決心がつきました。日本フランス料理界のパイオニアである小西さんのお話がきっかけでした。
「母の愛は偉大。母の日に手紙を書いてあげなさい」
早速、手紙を送り、喜んでもらいましたが、これまでの感謝の気持ちを、何か形に残るものでも母親に渡したい。

私は大工仕事は全くの素人です。でも、どうせ作るのなら、小さくてもちゃんとしたものを作りたい。「3畳の動く家」モバイルハウスを作ろう。

モバイルハウスの先駆者、坂口さんの本を読み、思いつきました。庭に置き、季節とともに、一番良い日当たりへ移動できる。

そんなことを想像して、一から作り始めました。断熱材も入れ現在は8割がた出来上がっています。将来的には太陽光発電、コンポストトイレなども入れて、快適に過ごせる場所にしたいです。

最初は「そんなんできるの?」と半信半疑だった母も、出来上がってくるにつれて、
「やろうと思えば、できるんやね。ありがとう」と喜んでくれています。

妻や子供たちにも手伝ってもらいながら、いつの間にか家族全員でのプレゼント作りになっています。

親孝行のつもりですが、逆に「何でもやろうと思えばできること」「周りの人の支えでできること」を家作りから教えてもらっています。そして、手作りの過程も母親に見てもらい喜んでもらえることが、自分にとっても喜びになっています。

これからもコツコツ、積み重ねて、世界でたった一つの家を母へ。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG