親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『だってママが泣いてたから』

【ペンネーム】ちびテトさん
【性別】女性
【年齢】33

【住所】宮崎県えびの市

【「親孝行大賞」のタイトル】
「だってママが泣いてたから」

【「親孝行大賞」の本文】
今年5歳になる息子が3歳のときの話です。

ネットで胎内記憶の話を見聞きする機会が増えて、何気なく息子に聞いてみました。
「なんでママとパパのところにきてくれたの?」

はじめは答えようとせず、遊びに夢中になっていたので私も「やっぱり胎内記憶とかないのかもな…」と思っていると

「だってママが泣いてたから」

私達夫婦はなかなか子供に恵まれませんでした。妊娠にいいと言われるものは一通り試して、不妊治療もはじめましたが3年経ってもコウノトリはやってきませんでした。

4年目にようやくきてくれた赤ちゃん。夫婦で泣きながら喜んだのもむなしく、お空へと帰っていきました。手術の日のことは一生忘れられません。そのあとも妊娠、流産を繰り返し…もう諦めかけた6年目にようやく息子を授かったのです。

これまでどれだけ泣いたかわかりません。辛くて、悲しくて、悔しくて、申し訳なくて…

無事に産まれて3年経った息子に言われたこの一言にこれまでの泣いた日々、全てが報われた気がしました。

「ママのお腹では何してたの?」
「えっとね、ママにチューしてた!」

エコー写真はいつも後ろ頭を見せて顔を見せてくれなかった息子。
生まれてきてくれてありがとう!そしてお空に帰ってしまった我が子達も幸せを与えてくれてありがとう!そして今、私の胸でスヤスヤ寝ている娘も…

みんな親孝行な我が子です。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG