親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『私の母の親孝行』

【ペンネーム】あやさん
【性別】女性
【年齢】30代
【住所】北海道札幌市

【「親孝行大賞」のタイトル】
「私の母の親孝行」

【「親孝行大賞」の本文】
今から五年ほど前の話になります。私の祖父も80歳を超え、体調を崩すことも多くなっていたこともあり、私の母と私、そして子供たちと一緒に祖父の元へ遊びに行きました。

その日は体調も良さそうで、外から何か盛り上がっている声が聞こえてきたのですが、私はてっきり自分の子供たちがはしゃいでいたのだと思い、窓から様子を見てみると、そこには母と祖父が何やら楽しそうに畑作業をしていました。

そんなにはしゃいでいる母の姿を見たのははじめてで、びっくりしたのを覚えています。祖父もとても嬉しそうで、私はそっと窓を閉め、ほっこりしました。

その数日後、祖父は天国へと旅立ちました。

私はあれはきっと母が祖父に出来た、最後の親孝行だったように思います。そんなエピソードが私の心の中にいつまでも残っています。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG