親孝行大賞受賞作品★親にありがとう賞★『笑顔』

【ペンネーム】谷口ゆみ子さん
【性別】女性
【年齢】50代
【住所】兵庫県南あわじ市

【「親孝行大賞」のタイトル】
笑顔

【「親孝行大賞」の本文】
母が子供にかえっていくのだとわかった時、私は哀しくてなりませんでした。

最初は母の奇行を「あれも駄目」、「これも駄目」と、止めようとばかりしました。もちろん母は私の言うことを理解できず、喧嘩にばかりなりました。

そしてとても疲れてきた時に、私は思いつきました。奇行を褒めてあげようと。

母が一晩中起きていたら、
「よく一晩起きてくれてたね。おかげで私は安心して眠れたよ。ありがとう」

一晩中外にいても
「寒いのによく頑張ったね」

徘徊から帰ってきても、
「よく道を覚えてたね」

生きている孫の葬式をしようとすると、
「心配してくれたんだね。まだ元気だよ、ありがとう」

こんなふうに褒めてあげると、母は喜んでくれて、喧嘩に疲れることもなくなりました。奇行にはいっそう拍車がかかりましたが、私は褒め続けました。

そして母はなくなりました。意味など分かっていなかったかもしれませんが、褒めて心穏やかに逝かせてあげたことが、最後の親孝行だったかもしれません。

母の嬉しそうな顔を覚えていられる私は幸せです。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG