親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『父の魚』

【ペンネーム】ヨウさん
【性別】女性
【年齢】30代
【住所】長崎県長崎市

【「親孝行大賞」のタイトル】
父の魚

【「親孝行大賞」の本文】

定年退職した父は、かねてからの趣味の釣りを毎週のように楽しんでいる。

実家に帰ると刺身が振る舞われ、かつて私の部屋だった場所には、魚様の新しい冷凍庫まで増えていた。

先日実家に少しだけ寄ったら、ちょうど前日に釣りに行ったとのことで、家族で食べなさいと、帰り際に大きなタイの切り身を持たされた。

明日までは刺身に出来ると言われたが、昨日も刺身を食べたばかりだったので、ソテーにすると伝えた。

父が少し席を外した際、母から、

「嘘でも良いから、刺身で食べると言いなさい。釣りをする人にとっては、新鮮な刺身で食べると言われた方が、嬉しいの。これも親孝行になるのよ」

と言われた。

母が認知者になり入院していた祖母のお見舞いに行った際、賞味期限が切れたお菓子や食べ物を帰り際に渡されたが、いつも「ありがとう」と笑顔で受け取っていたことを思い出した。

父が戻って来た時、

「やっぱり、刺身で食べるね」

と言ったら、父は少し嬉しそうな顔をしていた。

もらったタイは子どもたちにはソテーで出したが、私は刺身のままで食べた。

やっぱり、父の魚は新鮮で美味しい。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG