親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『誕生日プレゼント』

【ペンネーム】かえるさん
【性別】女性
【年齢】30代
【住所】大阪府大阪市

【「親孝行大賞」のタイトル】

「誕生日プレゼント」

【「親孝行大賞」の本文】

母の誕生日が近づくと私は連絡を取り、こう聞きます。

「もうすぐ誕生日やけど、何がほしい?」

昔実家に住んでいた頃は、財布や姉と二人で自転車を買ってあげたこともありました。
しかし最近は、

「プレゼントはいいよー」

と言うのです。私も懲りずに

「良いから言って。何がほしい?」

と聞くと、

「ぢゃあ、美味しいもの食べたい」

と言うようになりました。

私は何も気にせず、ほしいもの言ったら良いのにな~と思いながらここ数年ビュッフェやコース料理のお店に連れて行っていました。

普段外食を滅多に行かない母なので、美味しい美味しいと言いながらたわいのない話をして喜んでいました。

誕生日はプレゼントだけじゃなくて、こういう祝い方もあるんだな、とその時は感じました。

しかし、私は気付いたのです。母が誕生日に美味しいもの食べに行きたいと言う本当の理由が…

それは私が数年前に結婚し、母は一人で住んでいます。母はこういう機会にゆっくり娘と食事がしたかっただけなのです。いつも忙しそうな私に気を遣い、言えなかったのだと思います。

母の気持ちに気付いてからは、ご飯に誘ったり、家に呼んだり、主人と三人で旅行に連れていくようにもなりました。娘が家を出て嬉しい反面なかなか顔を出さなくて寂しかったのだと思います。

これからは誕生日などのイベント事だけでなく、日頃からもっと会う機会をつくり私なりの親孝行をしていきたいと考えています。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG