親孝行大賞作品 ハッピー賞『カード』

【ペンネーム】短パン先生さん
【性別】女性
【年齢】40代
【住所】大阪府枚方市

【「親孝行大賞」のタイトル】
カード

【「親孝行大賞」の本文】

母の日やお誕生日には、ちょっとしたプレゼントとカードを渡していた。プレゼントはもちろん、特にカードは可愛いね、と喜んでいた。

カードは、飛び出す絵本のようなものを渡すこともあった。

が、仕事が、忙しくうっかりカードを買い忘れることもしばしばあった。

100均一の安いカードや便箋にメッセージを書いたりして、ちょっと手抜きをすることもしばしばあった。

ある時、「ちょっと見せたろか」と母。

お菓子の空き箱に、ぎっしり入ってた今までのカードや手紙。ちょっとした紙に書いたお手紙などがしまってあった。

老後の楽しみに、年をとったらまた読むねん、と言っていた母は、今年喜寿。

プレゼントはなくても、カードはちゃんと渡そうと思い、手抜きした自分を反省しました。

最新情報をチェックしよう!
>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG