親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『将来の夢』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】母の目さん 【性別】女性 【年齢】55 【住所】石川県 野々市市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「将来の夢」 【「親孝行大賞」の本文】 「お母さんの夢は何?」 と娘が聞いてきた。 ゴロリと横になって録画したテレビを見ている時だった。3人の子供は大学を出て社会人。ポッカリ開いた心に「夢は?」と娘。答えられずに黙っていた。 荒れ放題だった庭をリガーデン。少しずつ花を植え […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『親孝行貯金』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】のぶちゃん先輩 【性別】男性 【年齢】45 【住所】千葉県市川市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親孝行貯金」 【「親孝行大賞」の本文】 私がやっている親孝行なのですが、私の部屋のに貯金箱を置き一年間小銭貯金をして母の日に母にプレゼントをするって決めています。 5年前は一年でも小銭なので5000円程しか貯まらず、お花と子供の写真入りカップを。2年前は10000円程た […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★『元気が一番』

【お名前】曽川さん 【性別】女性 【年齢】79 【住所】大阪府藤井寺市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「元気が一番」 【「親孝行大賞」の本文】 八十歳を目前に、振り返れば、私は親孝行らしきことをした記憶がない。子供のころ、「勉強をしなさい」という親に、「なんで勉強が必要なんや」と口答えし、親の言うことすべてに逆らい、よく口喧嘩をしたものだ。 私の結婚適齢期当時、娘は結婚して一家を成し、守るのが常道 […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころにビタミン賞★ 『母のために「家」作ります』

【お名前】三枝さん 【性別】男性 【年齢】38 【住所】奈良県 生駒市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『母のために「家」作ります』 【「親孝行大賞」の本文】 世界でたった一つだけの家を自分で作り、一人暮らしの母親へプレゼントする。 昨年の母の日の直前に決心がつきました。日本フランス料理界のパイオニアである小西さんのお話がきっかけでした。 「母の愛は偉大。母の日に手紙を書いてあげなさい」 早速、手紙 […]

親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『父への親孝行』

【お名前】田中さん 【性別】男性 【年齢】69 【住所】山口県 防府市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「父への親孝行」 【「親孝行大賞」の本文】 3年前、父が95歳で逝った。最後の2年間は施設に入ったが、母が早く亡くなったので約30年間一人暮らしをした。 近くに住む娘(私の妹)夫婦の支援も受けたが、よく頑張った。私たち夫婦は少し離れたところに住んでいたが、ときどき訪ねて行った。 正月には手作りのお […]

親孝行大賞受賞作品 ★親にありがとう賞★ 『母と息子の時間』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】向山さん 【性別】女性 【年齢】64 【住所】富山県 小矢部市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母と息子の時間」 【「親孝行大賞」の本文】 夫は六十八歳。現在特別養護老人ホームに勤めている。家族はパート勤務の妻である私と、夫の母親の二人。義母は八十八歳。同じ敷地内の別の家に住んでいる。朝食、夕食をともにしているが、夫も私もそれぞれに忙しく、義母とはあまり話すことがな […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『へぇ~』

【お名前】瓜田さん 【性別】女性 【年齢】64 【住所】埼玉県朝霞市 【タイトル】 「へぇ~」 【「親孝行大賞」の本文】 伴侶に先立たれて28年、ひとりで波風を乗り越えながら、88歳の母はそれなりに日常を楽しんでいる。元気でいてくれるのがありがたい。 遠く離れて暮らす私に、何かできることはないかと考えた。母も私も、ハガキを書く趣味がある。母に向けて、返事のいらないハガキを書くことにした。 日常にポ […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころにビタミン賞★ 『偏頭痛の親子』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】舞太朗さん 【性別】女性 【年齢】39 【住所】岩手県 宮古市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「偏頭痛の親子」 私と、中学生の息子たちは共に偏頭痛持ちである。息子は反抗期が始まり会話も前程ではない。部活の遠征で、往復四時間の運転をする私は、息子たちの試合中から頭痛が始まってしまった。帰る頃には、すっかり痛みが長引いたためか吐き気もする。 試合が終わり子供たちが車に乗 […]

親孝行大賞受賞作品 ★親孝行にありがとう賞★ 『「親孝行」の意味』

【お名前】石尾さん 【年齢】68 【住所】滋賀県 大津市 【「親孝行大賞」のタイトル】 『「親孝行」の意味』 【「親孝行大賞」の本文】 父は、最初の3年間は寝たり起きたりの日々でした。その後の1年間は寝たきりとなりました。寝たきりになった頃から毎晩、父の脚をマッサージしたことを覚えています。 あれは雪が降り積もった夜のこと。私は眠くて目を閉じながらマッサージしていました。目を開けると、父が何か言っ […]

たった一言でコンテスト受賞作品★ハッピー賞★『ありがとう』

静岡県磐田市立南部中学校 下谷さん <心に響いた「たった一言」> 「ありがとう」 <「たった一言で」エピソード> 私の両親は共働きで、お母さんは帰ってまもなく、家事をやり始める。そんな毎日です。少しでもお母さんの役に立ちたいと思い、学校から帰った私は、洗たく物を中にとりこみました。 お母さんが帰ってきて、洗たく物がとりこんであるのを見て、私に言ってくれた一言が 「ありがとう」 でした。 ただ中にと […]

>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG