親孝行大賞受賞作品 ★ハッピー賞★ 『だってママが泣いてたから』

【ペンネーム】ちびテトさん 【性別】女性 【年齢】33 【住所】宮崎県えびの市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「だってママが泣いてたから」 【「親孝行大賞」の本文】 今年5歳になる息子が3歳のときの話です。 ネットで胎内記憶の話を見聞きする機会が増えて、何気なく息子に聞いてみました。 「なんでママとパパのところにきてくれたの?」 はじめは答えようとせず、遊びに夢中になっていたので私も「やっぱり胎内 […]

ちょっといい話『みんなが家族のことを考えた一年』志賀内泰弘

コロナは、禍(わざわい)であることは間違いありません。でも、これほど、みんなが、家族のことを考えた一年は、今までなかったのではないでしょうか。 「不要不急の外出は慎んでください」 そう言われて、多くの人が戸惑ったことでしょう。故郷に帰省するのは、「不要不急に」にあたるのだろか?うちは、母親が病気がちで、週末だけでも介護したい。うちの父親は、認知症が始まっており、一人にしておくの心配だ。 でも、もし […]

親孝行大賞受賞作品 ★ハートフル賞★ 『また来るねと握手とでいつもの一コマ』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】ぴょろこさん 【性別】女性 【年齢】61 【住所(受賞者には賞品を進呈させていただきます)】愛知県 名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「また来るねと握手とでいつもの一コマ」 【「親孝行大賞」の本文】 認知症になり3回目の秋を迎える母。それと同時に、私には帰省という言葉に「介護のため」が添えられるようになった。 両手で温かく迎えられてた立場から、両手に荷物持ち、 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ちょっといい話で賞★ 『兄弟の絆』

【ペンネーム(掲載時のお名前)】はらちゃんさん 【性別】女性 【年齢】19 【住所】大分県大分市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「兄弟の絆」 【「親孝行大賞」の本文】 私には2人の兄がいる。私たち兄妹はそれぞれの進路を進み、今は3人とも一人暮らしをしている。連絡も頻繁に取り合う方ではないが、年に数回兄妹のメッセージグループが動く日がある。 それは母の日、父の日、父の誕生日、両親の結婚記念日、母の誕 […]

親孝行大賞受賞作品 ★ちょっといい話で賞★ 『二人旅』

【ペンネーム】ワイングラスさん 【性別】女性 【年齢】69 【住所】千葉県鎌ヶ谷市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「二人旅」 【「親孝行大賞」の本文】  父母のために親孝行をしようと思っても、学生時代は実行することもなく過ぎ去ってしまいました。 結婚をして、子どもを持って初めて親のありがたさが分かったというのが現実でした。根底には常に親孝行をしなければと考えてはいたものの毎日の生活に追われてしまい […]

親孝行大賞受賞作品 ★スマイル賞★ 『80年の願いを叶えて』

【お名前】飯森さん 【性別】女性 【年齢】55 【住所(受賞者には賞品を進呈させていただきます)】 長野県 東筑摩郡 【「親孝行大賞」のタイトル】 「80年の願いを叶えて」 【「親孝行大賞」の本文】 母には80年間胸に秘めてきた願いがあった。それは、出雲大社に行くこと。私がこの願いを知ったのは、母が急性胆のう炎で入退院を繰り返しているときだった。 気落ちしている母を励ますため、「退院したら旅行しよ […]

親孝行大賞受賞作品★ちょっといい話で賞★『親孝行のかたち』

【お名前】吉澤さん 【性別】女性 【年齢】31 【住所】埼玉県北足立郡 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親孝行のかたち」 【「親孝行大賞」の本文】 「北海道に行っちゃった、ななにまた会いたいねぇ」 おばあちゃんが独り言のようにぼそっと呟いた。「なな」とは私の妹の名前だ。妹は北海道の専門学校に進学したため、以前のように気軽に会えなくなっていた。 それならばと当時大学生だった私はアルバイトをして旅の資 […]

たった一言でコンテスト受賞作品★こころぽかぽか賞★『つらい今は長い人生の中の一瞬だよ』

西村さん <心に響いた「たった一言」> 「つらい今は長い人生の中の一瞬だよ」 <「たった一言エピソード」> 以前私は全身麻酔を伴う大手術をし入院をしていました。術後は全身がチューブだらけで動けず、食事も鼻から胃に通したチューブによる流動食でした。薬の副作用や、食べられない、話せない、痛みも治まらない日々が続き、良くなるのだろうか・・・という不安ばかりでした。 身体的にも精神的にもつらくなり、「帰り […]

親孝行大賞受賞作品 ★スマイル賞★ 『母の耳』

【ペンネーム】泣き虫太郎さん 【性別】男性 【年齢】66 【住所】岐阜県 岐阜市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「母の耳」 【「親孝行大賞」の本文】 母の病室にやってきて、日がな一日語りかけながら、わたしはベッドに横たわる母の脚をさすった。踵から膝まで、赤紫にうっ血して腫れあがり、医師が告げる九十歳近い静脈のもろさ。 わたしに合槌を打つでもなく、たしなめるでもなく、朽ちた木彫りのように、からだが動 […]

親孝行大賞受賞作品 ★こころぽかぽか賞★ 『唯一できる親孝行』

【ペンネーム】鷹山さん 【性別】男性 【年齢】33 【住所】埼玉県所沢市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「唯一できる親孝行」 【「親孝行大賞」の本文】 病気になって、迷惑ばかりの親不孝者だと思っていた。小さなころから精神的な病気を患ってしまい、つまらない事でケンカをしたり、モノを壊したり、本当に今にして思えば、バカな事をしてきたと思う。そして、そんな自分をずっと見守り続けてくれた両親が凄くありがた […]

>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG