SEARCH

「親孝行大賞」の検索結果101件

『お母さんとばあちゃんと私と着物』|親孝行大賞

【ペンネーム(掲載時のお名前)】Lil’Miiさん 【性別】女性 【年齢】20代 【住所】栃木県宇都宮市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「お母さんとばあちゃんと私と着物」 【「親孝行大賞」の本文】 中学3年生、高校受験。毎日勉強と「あること」に追われる日々を送っていた当時の私。その「あること」とは、「着物の着付け練習」であった。 なぜ、高校受験と着物の着付け練習なのか? 私が受験する高 […]

『「ありがとう」の電話』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム(掲載時のお名前)】しゅう 【性別】男性 【年齢】50代 【住所】埼玉県さいたま市 【「親孝行大賞」のタイトル】  「ありがとう」の電話 【「親孝行大賞」の本文】 コロナで会えなくなり、数か月、知人を通じて、日用品やお菓子を我が家に届けてくれる母。50を越えた息子を気遣う。 スーパーなどに行くたびに、「自分の買い物のついでだから」と、息子の、嫁の、孫たちの好きなものを考え、ながら、かご […]

『親孝行の形』|親孝行大賞

【ペンネーム(掲載時のお名前)】たまろうさん 【性別】男性 【年齢】50代 【住所】岐阜県飛騨市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「親孝行の形」 【「親孝行大賞」の本文】 私の父親は本当に趣味が無く、唯一の楽しみと言えば歌うこととパチンコと宝くじを買うことといった、端から見たらつまらない男である。 私はこんな父親の生き方に常に反発していた。パチンコは自動の台が出てからは面白くないらしく止めてしまった […]

『ちょっとした小旅行』|親孝行大賞

【ペンネーム(掲載時のお名前)】デシさん 【性別】男性 【年齢】60代 【住所】東京都江東区 【「親孝行大賞」のタイトル】 「ちょっとした小旅行」 【「親孝行大賞」の本文】 旅行好きの父は忙しい仕事の合間にもよく海外旅行へ出かけていた。仕事に終止符を打った後は、日帰りの旅やバス旅が楽しみだった。 私が父との小旅行に付き合えるようになったのは30代を過ぎた頃からだった。それはもっぱらバスでの日帰り旅 […]

『義父』|親孝行大賞

【ペンネーム(掲載時のお名前)】ゲーマーさん 【性別】男性 【年齢】30代 【住所】愛知県豊川市 【「親孝行大賞」のタイトル】 義父 【「親孝行大賞」の本文】 妻の父、つまり私の義父は昔気質の大工で、結婚の挨拶の時は心臓が飛び出ていたと思う。強面で無口で正直苦手だった。しかし、妻はお父さん大好き人間でよく遊びに行っている。 ある日、妻が「ひーばあちゃんのお墓参り一緒に行こ?」と言ってきた。 行く道 […]

『我が家の親孝行娘』|親孝行大賞受賞作品

【ペンネーム(掲載時のお名前)】住 田 沙 織さん 【性別】女性 【年齢】30代 【住所】愛知県名古屋市 【「親孝行大賞」のタイトル】 我が家の親孝行娘 【「親孝行大賞」の本文】 我が家には重い障害のある娘がいる。生まれてすぐに、呼吸状態が悪くなり、大きい病院の新生児集中治療室に移された。 治療の甲斐もあり、少しずつ元気になってきたが、母乳がうまく飲みこめず、むせてしまっていた。先生からは「この子 […]

『息子が教えたこと』|親孝行大賞

【お名前】高瀬さん 【性別】女性 【年齢】60代 【住所】山口県宇部市 【「親孝行大賞」のタイトル】 息子が教えたこと 【「親孝行大賞」の本文】 息子が、小学二年生の時のことだ。国語のテストの点の悪さに驚き、一緒に見直しをした。何度も問いかける私の言葉に、嫌気がさした息子は、でたらめな答えを言い出した。 「真剣さが足りない」 と私は腹を立てて息子を怒鳴った。その剣幕に驚いた彼は、 「お母さん、僕が […]

『ラグのひざ掛け』|親孝行大賞 いいね!親孝行賞

【ペンネーム】apple56さん 【年齢】70代 【住所】愛知県小牧市 【「親孝行大賞」のタイトル】 ラグのひざ掛け 【「親孝行大賞」の本文】 今はもう亡き人になりましたが、趣味は共に本を読むことが好きな両親、したがって時間がある時は椅子に座るか畳に座るかが多い生活をしていました。 結婚後、育ててもらった恩返しもすることなく時間が過ぎていきました。何か喜んでもらえることがあればしたいと思いつつこれ […]

『毎日の積み重ね』|親孝行大賞 こころにビタミン賞

【ペンネーム】ヨーダさん 【性別】女性 【年齢】40代 【住所】滋賀県大津市 【「親孝行大賞」のタイトル】 「毎日の積み重ね」 【「親孝行大賞」の本文】 「親孝行」と言ってしまうと大げさかもしれませんが、わたしは毎日一人暮らしの母に電話をかけます。 長い時は1時間ぐらい話をしますが、短い時は5分ぐらいの時もあります。それでも母の声音や話題で母の今日の気分や体調がわかります。 この毎日の何気ない日常 […]

『目の奥の記憶』|親孝行大賞 こころにビタミン賞

【ペンネーム】はるちゃんさん 【性別】女性 【年齢】40代 【住所】熊本県熊本市 【「親孝行大賞」のタイトル】 目の奥の記憶 【「親孝行大賞」の本文】 私の父は、若い頃からの持病の合併症の影響で、60歳を超えたころから視力の低下が始まり、 それと同時に、歩行も少しずつおぼつかなくなっていました。 「目が見えなくなる前に、歩けるうちに、きれいなものが見たいな・・・」 と口癖のように話す父にある日、 […]

>「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行のカタチ」が目指す社会とは?

「親孝行」を通して家族が幸せになり、
社会全体も思いやりでいっぱいの世の中にすること

CTR IMG